家を建てるまでの流れ

家を建てるまでの流れ

 

家を建てようとお考えの方、建設の計画は済んでいますでしょうか?まだの方や流れが分からない方は、家を建てるまでの流れ
を簡単に確認していきましょう。

 

 

ポイントは住宅メーカーの選定

 

家を建てるまでの流れは簡単にまとめると下記の様になります。

 

1.予算の決定
2.土地の決定
3.住宅メーカーの決定
4.プラン、見積もりの詳細決定
5.契約
6.建設開始

 

1.の予算の決定をするにあたっては、住宅ローンについてご自身の収入等を踏まえどの程度融資を受けることができるか、とい
った確認が必要です。ほかにも3.の住宅メーカーの決定と4.のプランの詳細確認の順番が前後する場合もあります。実際に建
築するにあたって地盤の調査を行います。

 

とにかく詳細な対応は多く存在します。特に重要なのは、1.の予算の決定と3.の住宅メーカーの決定です。予算は家を建てる
ための重要な要素です。また住宅メーカーは依頼主の希望の住宅環境と予算を踏まえたプランを提案します。ですので、納得
できる条件で進めることができるかどうかは、住宅メーカーによっても変わってきます。

 

 

住宅メーカーの選定をするなら

 

とはいえ、多数ある住宅メーカーから理想の条件を満たす業者を探すのは大変です。そこでおすすめしたいのが専門家への相談です。

 


 

こちらではアドバイザーが中立的な立場で住宅に関する相談に対応してくれます。住宅メーカーだけでなく、理想のプランや予算
の相談も可能ですので、ぜひ上記よりご相談ください。

 

また下記では理想の住宅条件を入力することにより、住宅メーカーから家作りの提案をもらうことが可能です。

 

 

こちらで住宅メーカーの選定を行うのがベストです。一度に複数の住宅メーカーから提案をもらうことができるので、提案内容を比
較し、最も理想にあった条件で進められるメーカーを選ぶことができます。それぞれのサービスを利用することでより理想の家を建
てやすくなります。 理想の家作りにおいて妥協は許されませんので、ぜひ相談をしてみましょう!